タグ別アーカイブ: 庭山

牧野先生の冬のセミナー動画について

先日行われました、道情研冬のセミナーにつきまして、
現在動画をUstreamからダウンロードし、返還作業中です。

作業終了後、道情研会員の皆様におきましては、会員向けページにて閲覧できるようにいたします。
もうしばらくお待ちください。
(牧野先生からセミナーの原稿資料もいただきました。こちらも準備が整い次第閲覧可能にいたします。)

会員向けページについてのお問い合わせなどにつきましては、
このブログ欄にコメントをいただければ幸いです。

北海道情緒障害教育研究会 冬のセミナーのお知らせ

あけましておめでとうございます。
平成29年も、道内の情緒障害教育について、研究・啓発・推進すべく、
微力ながら活動していきたいと考えております。
本年もよろしくお願いします。

さて、平成29年1月21日に、
北海道情緒障害教育研究会と札幌市情緒障害教育研究会が合同で行います、
冬のセミナーがあります。

講師は元札幌学院大学教授の牧野先生をお呼びいたします。
タイトルは「最新の自閉症研究と往年の教育論との共通点」です。

詳細は下記添付ファイルに記載の通りです。
冬のセミナーチラシ(H28) (3)

なお、当日は会員向けページにて、LIVE動画配信を予定しております。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

春のセミナー情報

かねてからお知らせしてまいりました通り、
道情研では、2016年5月14日に春のセミナーを行います。
当HP「会員向けページ」より配信を行う予定です。
道情研会員の方は遠隔地でも研修への参加が可能です。

twitterへコメントをいただければ、
研修会講師へ質問も可能です(試験運用なので、保証はできません。)。

会員向けページ閲覧パスワードが不明の方は、
明日金曜日の16時までに、メールかこのブログにコメントをください。

春のセミナーについて

道情研 総会時研修(春のセミナー)のチラシを添付します。
5月14日 「愛着障害や被虐待児の脳科学と科学的根拠のある実践研究」
近年教育現場で必ず会うであろう「愛着障害」や「被虐待児」。
その実態や特性、接し方などについて、
東京から二人の先生をお呼びして、勉強会を行います。
脳科学の観点、カウンセラーからの観点から、「愛着障害」「被虐待児」について、
知識をつけましょう。

ご興味のある方は、チラシをご覧の上、FAXにて応募をお願いします。

春のセミナー2016チラシ完成版

研究収録追加しました!

北海道は暴風雪注意報が出ています。
三寒四温どころか、百寒一温ほどの日々が続いていますが、
氷が少しずつ解けるように、
場面性緘黙の児童が、少しずつしゃべるようになってきました。
とは言っても、返事と、台本のあるセリフを少しですが・・・
それでも、成長を感じてうれしくなるものです。

さて、会員向けページに研究収録を追加しました。
私はまだ読めていませんが…
ご興味のある方は、ぜひご一読ください!

現在、最新刊の会報に向けても動いています。
会員向けページに入ることが難しい方のために、
入り方や正しいID・パスワードを記したページもつける予定です。
そちらも、どうぞよろしくお願いします。

会員向けページに

中井先生のコメントを伺いまして、
会員向けページに「過去の会報」を見られるよう試運転してみました。
ご感想・アドバイスなどいただければ幸いです。

最近、卒業式の関係で更新が遅れてしまい、申し訳ありません。
ずっと、「夢が無い」と言っていた、担任している6年生。
最近、将来の夢を書く欄に、照れながら
「特別支援学級の先生」と書いてくれました。

少し心が温かくなりました。

スキー学習に行ってきました!

スキー学習に行ってきました。
子どもたちは練習の成果を出し切っていました!
スキーの苦手な私は、子どもたちよりも先に、率先して転んでしまいました汗

ところで、バスの乗り方について、面白いことを聞きました。
バスを乗るとき、

東区、北区、西区、手稲区の小学校は、スキー靴を履いてバスに乗る。
その他の区は、スキー靴は持って行き、現地で靴を履き替える。

という違いがあるそうです。

小さなことですが、同じ市内でも地域によって違うのだなぁと思いました!