カテゴリー別アーカイブ: 教育実践

ミニクリスマス会

本日、ミニクリスマス会を行いました。
なぜ、「ミニ」かというと、
去年のクリスマス会は、学級の一日行事として、
大規模に行ったからです。

私たちのクリスマス会は去年から、
「自分たちの願い事を、自分たちで叶える」
というコンセプトで、行っています。

「AKB48のダンスがしたい」という子は、
一緒にやりたい子を誘って踊ったり、
「お笑いがしたい」という子は、
相方を募ったりして、クリスマスの日を迎えます。

そして、当日、みんなの前で発表します。

今日のミニクリスマス会は、規模こそ小さかったものの、
ギターの発表があったり、
みんなで鬼ごっこをしたりと、楽しいものとなりました。

きっと、子どもたちのもとには、明日の朝、サンタさんからプレゼントが届くことでしょう。

校外学習3 ながら「ぴ」

遅ればせながら、地下鉄の駅に近いという地の利を生かし、
今年度より保護者のご協力のもと、
子どもたちにサピカ(電子カード)を用意していただきました。

以前は、券売機・改札機の模型を使って事前学習を繰り返しながら
切符の購入方法、改札の通貨方法などを学習していた時代の変遷を
感じながら校外学習に参加しました。

一人ひとりネックストラップになどにサピカを入れて改札を通過します。
子どもたちは、楽しそうに「ぴっ」。
昔、改札の扉が閉まってしまう恐怖から、なかなか改札を進めない子供がいました。
でも、このサピカなら、怖さより楽しさが勝り安心感を生みだす側面もありそうです。

一方、使い始めは大人でもそうですが、ちゃんと機会が認識しているのか慎重に、そしてしっかりと
カードを機会につけるため、切符をとおすのと同じくらいの時間がかかっていました。

次は、歩きながらの「ぴ」をめざしたいと感じました。

校内宿泊学習について

札幌市の小学校特別支援学級では、一年生から校内宿泊学習があります。
事前学習から始まり、校外学習、調理、
子どもたちが考えたレクリエーションなど、
楽しみながらも、学びの多い学習となっています。
2日目は、さすがに子どもたちも疲れた様子が見られますが、
最後までやり通すことで、自信がつくようです。

他の地域でも、宿泊学習はありますか?

校外学習2

冬季校内宿泊学習の校外学習先として「札幌ウインタースポーツミュージアム」へいきました。
夏場は、観光客の方も含め、大倉山ジャンプ台の見学者やミュージアムも大賑わいでした。
今回、観光バスが数台来ていたものの、ミュージアム内はほぼ貸切状態で、各体験コーナーも順番待ちをすることなく、次々と体験することができました。子どもたちは、それぞれ個人の記録がでるコーナーでは、自分の出した記録をワークシートに記入しながら、リーダーを中心にグループワークを楽しんでいました。
冬のミュージアムもおすすめです。

宿泊学習時の校外学習1

今年度は、初めて冬に行う校内宿泊学習。
その学習活動の一環として行ったカーリング体験教室は、低学年の人
にも、初体験の人にも楽しめるものでした。
DSC04827 今回は、90分コースで3グループ。

Aグループは、手袋を通して触ったり、ゆっくり歩いて移動したりして、カーリングコートの把握に始まりした。すべらないように気をはりながらの歩行なので、いつのまにか寒さも感じなくなりました。次は、ほうきの扱い。脇に挟んで氷上をこすりながらカニ歩きで横移動することはなかなか難しく、子どもたちも苦戦していました。最後は、的まで5Mぐらいの距離で実践を通して、ストーンの滑らせ方を体験。点数の計算方法を学びながらの紅白戦ではシーソーゲームとなり白熱した戦いとなりました。
P1160419
教室の最後、指導員の方に模範を見せていただきました。はるか向こうから滑らせたストーンは、見事、的の中心でピタッと止まり、子どもたちからは拍手と大歓声。子どもたちの実態に合わせてあたたかく指導していただけるカーリングスタジアムは、ぜひおすすめです。