カテゴリー別アーカイブ: 海外教育事情

イタリアの教育について

イタリアに行ってきました。
ケニアの時ほど、中に入っていくことはできませんでしたが、
現地ガイドから、少しだけ実態を聞くことができました。
image
上の写真はイタリア、ローマの高校だそうです。
高校の建物自体は、築200年から300年経っているものが多く、そのほとんどが、以前は違う施設として使われていた物のようです。
小学校は5年間、中学校が3年間、高校が5年と、少し異なる学習体系のようです。
カリキュラムは、一応全体としての目安はあるものの、各学校の自由裁量によるものが大きく、
学区も特に決められていないため、「どこの高校に行かせるか」が、保護者の関心どころとのことでした。

最近始まった制度として、年度末における、保護者・生徒による教職員への評価制度があるそうです。その評価がダイレクトに勤務評定に加算されるもののようで、
様々な物議を醸しているようでした。

治安は良くなく、誘拐事件が多発するため、小学校5年間は、保護者が子どもを学校まで送迎するのが普通のようです。

image

imageimage

美術作品が街のそこかしこにあり、日本との美術教育の環境の差を感じました。