カテゴリー別アーカイブ: 雑感

研究収録追加しました!

北海道は暴風雪注意報が出ています。
三寒四温どころか、百寒一温ほどの日々が続いていますが、
氷が少しずつ解けるように、
場面性緘黙の児童が、少しずつしゃべるようになってきました。
とは言っても、返事と、台本のあるセリフを少しですが・・・
それでも、成長を感じてうれしくなるものです。

さて、会員向けページに研究収録を追加しました。
私はまだ読めていませんが…
ご興味のある方は、ぜひご一読ください!

現在、最新刊の会報に向けても動いています。
会員向けページに入ることが難しい方のために、
入り方や正しいID・パスワードを記したページもつける予定です。
そちらも、どうぞよろしくお願いします。

会員向けページに

中井先生のコメントを伺いまして、
会員向けページに「過去の会報」を見られるよう試運転してみました。
ご感想・アドバイスなどいただければ幸いです。

最近、卒業式の関係で更新が遅れてしまい、申し訳ありません。
ずっと、「夢が無い」と言っていた、担任している6年生。
最近、将来の夢を書く欄に、照れながら
「特別支援学級の先生」と書いてくれました。

少し心が温かくなりました。

スキー学習に行ってきました!

スキー学習に行ってきました。
子どもたちは練習の成果を出し切っていました!
スキーの苦手な私は、子どもたちよりも先に、率先して転んでしまいました汗

ところで、バスの乗り方について、面白いことを聞きました。
バスを乗るとき、

東区、北区、西区、手稲区の小学校は、スキー靴を履いてバスに乗る。
その他の区は、スキー靴は持って行き、現地で靴を履き替える。

という違いがあるそうです。

小さなことですが、同じ市内でも地域によって違うのだなぁと思いました!

始業式!

今日は札幌市内のほとんどの小学校で始業式でした。
私の小学校でも、始業式が行い、授業が始まりました。
やっぱり、子どもたちが来ると楽しいですねー!
明日から本格的に学校が始まります!
冬休みの間に行った研修をもとに、短い3学期ですが、子どもたちの成長につながる授業実践を行っていきます!

来週から新学期

ついに来週から新学期ですね!
1学期は行く
2学期は逃げる
3学期は去る

と言われているようで、
あっという間の3学期です。

私は初めての卒業担任です。
精一杯頑張ります!

ちなみに、卒業担任として頑張ることがありましたら、
アドバイスをコメント欄にてお願いします笑

トレーニングアプリ

私が普段個人で使っているアプリですが、
時々子どもたちにご褒美としてこのアプリを使ってトレーニングをします。
image
“Six Pack”
というアプリです。
その名の通り、腹筋を六つに割る!というアプリです。

image
50個もの腹筋のバリエーションがあり、
それをアニメーションで示してくれるので、
子どもたちもイメージをもちながら腹筋ができ、
「よーし!この男の人みたいな身体になるぞ!」
と、目標もできる?ようです笑

小学校理科実験の基礎〜実験が苦手な教師のために

小学校理科実験の基礎〜実験が苦手な教師のために〜
に参加してきました。
私は去年、理科の担当をしていたのですが、
やはり実験に対する苦手意識から、
授業内容に満足いかない状態でした。

今日の講義では、
1.自然事象への働きかけ
2.問題の把握・設定
3.予想・仮設の設定
4.検証計画の立案
5.観察・実験
6.結果の整理
7.考察
8.結論の導入
という流れが、理科の授業で大切だということを念頭に置きながら、
4年:水のすがた
5年:もののとけ方
6年:電気の利用
6年:電流による発熱
の実験を実際に行いました。

それぞれ、実際に行うことで、子ども目線での「目標」「気をつけるところ」「実際に正しい結果が出るか」などがわかりました。
当たり前のことですが、やはり理科の授業を作るには、予備実験を事前に行うということの大切さが分かりました。

また、理科室の使い方の例として、、
・絶対に走らない
・話の聞き方と向き、姿勢
・器具の持ち運びは一つずつ両手で持つ
・実験は立って行う
・席を立つときは、椅子をしまう
・服装や身だしなみの確認
・準備室に許可なく立ち入らない
というものを見せてもらいました。
安全の基準を明確に示すことが大切なのは、特別支援でも生かすことができると感じました。
image

image

image

教師の方で、実験に必要な物品をトレイに入れておくと事故が起きにくいとのことでした。

教師のためのマナー研修

5年研修である、「教師のためのマナー研修」に参加してきました。
講師は椿武愛子(つばき むつこ)先生でした。
【マナーの基本】として、
・挨拶
・笑顔
・態度
・言葉遣い
・身だしなみ
が大切であるとのことでした。

そして、後半は電話応対についてのロールプレイングを、電話相手や要求に応じて10種類行いました。

形式を基礎としながらも、思いやりや心遣いが大切であるということも教わりました。

これらのことは、直接的に情緒障害のある子どもたちに伝えられることかと感じました。